犬に歯磨きの習慣づけを試みてみましょう

口臭の原因は人間も犬もほとんど同じです。原因のひとつに、歯周病や虫歯などがあげられます。このような場合に口臭が発生します。私たち人間は甘いものが好きで食べますから、虫歯ができやすいのです。しかし犬は基本的に虫歯などできないものです。しかし、最近の犬は飼い主が甘いものを与えてしまっているので、虫歯のある犬が増えてきているのです。犬は飼い主が食べているものを欲しがるものですが、甘いものは本来必要ないのです。愛犬が虫歯にならないように、まずは甘いものを与えないようにしましょう。

 

虫歯は食べ物で予防ができますが、歯石や歯周病はなかなか予防はできません。人間同様に、歯磨きの習慣があればそのようなことにはならないのですが。歯石を取ったり、歯周病の治療をする場合には、病院で麻酔をかけて行います。まるで手術のようですね。歳をとった犬では全身麻酔に耐えられないかもしれません。そうなると歯周病の治療は困難になります。このようなことにならないためにも、できれば子犬のころから、人間同様歯磨きをするようにしたいものです。

 

大人になった犬では、かなり抵抗するでしょう。歯磨きなどできないかもしれません。ですから子犬のころに行うことが重要になるのです。方法は次のようにしてください。まずは、デンタルペーストを歯磨き用シートにつけて、歯を拭いてあげるのです。歯ブラシを想像していたかも知れませんが、そうではありません。これだとさっと拭いて終わることも可能です。

 

要は短時間で終わらせることです。しっかり磨こうと、時間をかけると、犬はじっとしていません。犬はストレスを感じていますから、できるだけ早く終わらせてあげてください。最近は、動物病院やペットショップでいろんなデンタルケアグッズが販売されています。飼い主であるあなたが使えそうなもの、また愛犬が好みそうなものを選びましょう。歯磨きが終わったら、ご褒美をあげるのもひとつのやり方と言えます。いろんな方法で、歯磨きを習慣化してみてください。そうなれば、口臭に悩まされることはないでしょう。